マルチンゲール

txt

ケリー基準

txt

スプリットマーチンゲール

txt

反マルチンゲール

txt

ダランベールシステム

txt

オスカーのグラインド

txt

ヒントとガイド

マルチンゲールベッティングシステム

それは株式市場で機能しますか

txt

マーチンゲールベッティング戦略の仕組み

  1. 1
    システムの使用

    txt

  2. 2
    ステップバイステップガイド

    txt

  3. 3
    何がうまくいかないのですか?

    txt

お客様の声

私たちのクライアントが言うこと

654776プレイヤー
59ゲーム
99戦略
979998ジャックポット

システムの問題

それは本当に機能しますか?

txt

戦略の落とし穴

txt

システムの利点

txt

ブログからの最新投稿

November 23, 2020

マーチンゲール法を理解しよう

マーチンゲール法(倍掛け法)は、ルーレットで大きな利益を得られるとして人気のある戦略ですが、プレイヤーが資金管理をしっかり行わない場合はリスクを伴います。マーチンゲール法に従った場合、一度の勝利で全ての損失を取り戻す必要があるため、負ける度にベット金額を2倍にし続けなければなりません。この方法によれば、どんなに負けが続いた後でも、一度勝利すれば最初に賭けた金額に戻すことができます。しかしこの戦略のリスクは、不運なプレイヤーがあっという間に破産してしまうという点です。
マーチンゲール法(倍掛け法)は複雑な数学を用いないので、普通のプレイヤーであれば簡単に仕組みを理解できるでしょう。この方法でのベットの仕組みは、かなり論理的に説明することができます。例えば、プレイヤーが最初のベットで1ドルを賭け、プレイヤーが負けたとします。その場合、2回目のベットは2ドルを賭けることになります。新たなベットに1ドル、前のベットを取り戻すために1ドルです。次もプレイヤーが負けた場合、プレイヤーは最初のベットの1ドルと2回目のベットの2ドルを回収しなくてはいけません。よって、さらに1ドルをベットしてゲームに参加する必要があるため、ベット金額は4ドルに増えます。この方法であればプレイヤーがどれだけ負け続けても一回の勝利で当初の金額に戻ることができ、また1ドルからベットを再開することができます。
この方式は誰にでもできてしまうため、ベテランのルーレットプレイヤーはこの戦略を使いません。マーチンゲール法(倍掛け法)は高リスクかつ報酬があまり見込めず、負けの回収だけを行っていくため、この方式に頼って巨額の損失を出そうと思うプレイヤーはいないでしょう。マーチンゲール法においては、最初のベットを除いたすべてのベットは利益を得るためではありません。一般的なベッティング戦略は、長期的なゲームでより効率よく利益を得ることを目指すものです。マーチンゲール法がもたらすリターンを考えれば、プレイヤーは長期的なゲームでこの戦略に従う余裕はないと言えるでしょう。

逆マーチンゲール法

・逆マーチンゲール法

パーレイ法という名前でも知られる逆マーチンゲール法の歴史は古く、その歴史は16世紀にバセットというゲームで使用されていた頃までさかのぼります。今日、このシステムはバカラやルーレットなどのゲームで使用されています。マーチンゲール法では、負けるたびにベットを2倍にするという仕組みでしたが、逆マーチンゲール法においては全く逆の賭け方をする必要があります。
逆マーチンゲール法では、勝率が50%のベットに最低金額を賭けていきます。その後、勝てるまで同じ方法で賭けを続けます。勝利したら、次のターンでは賭け金を2倍、4倍と増やしていきます。連勝している間はベットを倍にし続けますが、負けた場合は最初の低いベットに戻ります。
マーチンゲール法(倍掛け法)とは違い、低リスクでより良い賞金を獲得できる可能性が高いため、プレイヤーから好まれる戦略と言えるでしょう。とは言っても最低ベット数から始めていくため、大きな勝利が約束されるわけではありません。賭け金を上げるためには連勝するまで辛抱強く低額のベットを続けていく必要があります。

マーチンゲール法 0 Comment