特徴

マンツーマン指導で一人一人を見守り育てる

不登校の子どもは多かれ少なかれ学校の授業に違和感を感じていることが多いもの。
たしかに学校の授業は画一的になりがちで各個人への目も届きません。
しかし、家庭教師なら一対一で丁寧に指導を行うので子どもの能力や性格に合った授業が可能。
不登校指導を専門にしている家庭教師もおり、子どもの個性を尊重したハートフルな指導が望めます。自宅にいながらにして授業が受けられるのも魅力。

家庭教師はメンタルケアにも効果を発揮

多感な気持ちを大切にしながらコミュニケーション

不登校の子どもの中には精神面で悩みやつまづきを感じている子もいるので、家庭教師は勉強の指導だけではなくメンタルケアにも注力します。保護者に言えないようなことも、程よく距離を置いた家庭教師になら打ち明けるケースもあります。特に、趣味や嗜好が同じ家庭教師なら、その効果は倍増。
自分に自信がない子どもには長所を褒めて本人の良さを自覚させ、飽きっぽく何をしても長続きしない子どもには小さな達成感を繰り返し経験させて努力の素晴らしさを教えます。

保護者ともよく話し合って不安を取り除く

不登校は本人だけでなく家族も悩むもの

不登校の期間が長引くほど家族の悩みも増大します。
“原因はどこにある?”“進学はできる?”などの不安にも不登校指導を専門とする家庭教師が役立ちます。家庭教師は保護者とも話し合いの時間をもち、不登校に至った経緯や子どもの状態をヒアリングしながら指導方針を固めます。
家族の中だけで悩まずに家庭教師という助っ人を利用して、子どもの心に新しい風を吹き込んでみてはいかがでしょうか。きっと何かが変わるはずです。

家庭教師センターに伝えること

まずは不登校児を専門にする家庭教師がいるかどうかを尋ねます。
また、子どもと心が通じ合う先生であることも重要なので、マンガやゲーム、好きなバラエティ番組やスポーツ観戦など、趣味が合う先生をお願いすると良いでしょう。
事前に保護者と家庭教師が話し合いの時間をもつこともあります。